proto-c

C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON

C03 FORGED IRON

A cavity back
engineered with precision forging using only soft iron

  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON
  • C03 FORGED IRON

CNC undercutting has been applied to the very bottom of the back of the face to optimize the center of gravity for long irons 5 to 7 that need high launch.

To ensure adequate spin rates, irons 8 and under are cavity backs with no CNC undercut.

TECHNOLOGY TECHNOLOGY

Optimized center of gravity design

CNC undercutting has been applied to the very bottom of the back of the face to optimize the center of gravity for long irons 5 to 7 that need high launch.

Optimized design
Optimized design

Focus on form unification through incorporating different processing back of face

Compared to irons 5 to 7 in which excess weight from the shaved lower part of the back of the face is distributed to surrounding areas, irons 8 and lower in which the back of the face is not shaved have the disadvantage of having smaller head size and losing uniformity in size.

PROTO-CONCEPT solved this problem by successfully unifying size by designing the heads with well-calculated thickness.
This aligns the information perceived when addressing and performance.

Pursuing crisp feel and sound

The center of the face is made thicker to retain the crisp feel and sound that only single forging can attain.
The back of the face is deeply machined by end-milling, but the thickness of the back of the hitting point is left intact in pursuit of the crisp feel
and sound unique to those crafted with single forging.

Pursuing sound

SPEC

Specifications
Number #5 #6 #7 #8 #9 PW
Loft(°) 25 28 32 36 40 45
Lie(°) 61 61.5 62 62.5 63 63.5
Bounce(°) 3 4 5 6 7 8
FP(mm) 3.6 3.7 3.8 4 4.2 4.6
Material
Carbon Steel (S25C)
Finish
Nickel Chrome Plating, Satin Finish

「本物への導き」

日米ツアーの現場において20年超、ツアープロに支給し続けてきた結果と実績から導き出された、
確信の設計理論とソール理論。
MT-28から始まり、多くのプロに支給し続け、生み出された実績のウェッジ。
20年間突き詰め削ぎ落した集大成が詰まった確信のクラブ ー PROTO-CONCEPT

プロダクトデザイナー 宮城裕治

経歴

2005年
ZOMOと専属契約。
丸山茂樹プロのパターデザイン開発。
2006年
(有)クールデザイン創設
2007年
プロギアと専属契約。
MTIウェッジをデザイン開発。
2010年
ヨネックスとクラブアドバイザリー契約。
石川遼プロのクラブデザイン開発とサポートを中心に活動。
2019年
PROTO-CONCEPT(プロトコンセプト)を提唱

代表作

FOURTEEN
MT-28
ZOMO
ZOMO PUTTER
PRGR
MTI WEDGE
YONEX
EZONE TOUR WEDGE
ZERO IRON

1962年、東京・江戸川区生まれ。
(有)クールデザイン代表。

フォーティーン勤務時代にツアープロ用のクラブ開発に携わり、名器「MT-28」を開発。
2006年に独立し(有)クールデザインを創設。
ヘッドデザインやソール形状など、使用プロのスイングに最適なクラブ設計やグラインドを各々行い、フィッティング支給することで多くのツアープロ、トップアマから支持を受ける。
プロギアの「MTI WEDGE」、ヨネックスの石川遼プロ専用モデルなど、クラブメーカーのウェッジやクラブ開発を手掛け、多くのヒット商品を生み出してきた日本を代表するクラブデザイナー。
ヘッド設計、デザイン、シャフト開発提案はもとより、ヘッド・グラインド、フィッティング、スペック提案、アッセンブリ及び調整まで、一貫して全て行う唯一のクラブデザイナーでもある。